オリジナルパーカーの生地選びのコツとその注意点について

パーカー

安くオリジナルパーカーを作成するには

オリジナルパーカーの作成において、デザインを施す箇所が多くなるほど印刷料金が高くなる傾向にあります。なので、安い価格でオリジナルパーカーを作成するなら、デザインの印刷は1ヶ所だけにするのがお勧めとなります。また、価格に拘りがなくてもデザインの印刷に関して考えない場合なら、パーカーの胸の箇所にのみデザインを施すのがお勧めとされます。
ちなみに、オリジナルパーカーにデザインを印刷する場合は、前面や背中側にプリントすることができます。とはいえ、印刷する箇所が増えることで印刷料金が高くなる上に、デザインのサイズが大きいほど高くなります。よって、オリジナルパーカーに施す印刷を1ヶ所だけとしても、デザインが大きいと無駄に高くなることになります。
そして、オリジナルパーカーに施すデザインの多くの場合は、前面に大きくロゴやイラストが印刷されたデザインとなっています。なぜなら、安い費用で施せるだけでなく、周りから見てもオリジナルのパーカーであることがすぐに分かるからです。他にも、背中側に印刷しているデザインもありますが、バックプリントだと写真を撮影するときにオリジナルのパーカーと認識されない可能性があります。オリジナルパーカーの作成費用を抑えるには、デザインを施す箇所を1ヶ所だけにして、かつサイズが小さいデザインを施すのがお勧めです。

薄い生地のオリジナルパーカーについて

オリジナルパーカーの作成費用を抑えるなら、生地の厚さが薄い生地を選ぶ方法があります。また、デザインを施す箇所を一ヶ所のみにすればより安く作成できますが、作成した後のポロシャツはデザインを施したTシャツと同じ感じになります。なぜなら、パーカーにおいて6オンスの生地の厚さとなるオリジナルパーカーは、Tシャツと同じ生地の厚さになるからです。よって、価格の安さだけに拘るなら、印刷だけでなくパーカーの生地選びもポイントとなります。
ちなみに、パーカーの生地の厚さはオンスという単位で表示されます。パーカーの生地の厚さとして、6~8オンスの薄い生地のものは価格が安いですが耐久性は低くなります。一方、9~12オンスの厚い生地だと耐久性に優れますが価格が高くなります。とはいえ、メーカーにより定番商品として扱っているパーカーだと、生地の厚さに関係なく低い価格設定になっていることもあります。
さらに、たくさんの在庫をストックしているブランドのパーカーでも、他のブランドのパーカーより低い価格で取り扱われることになります。けれども、オリジナルパーカーを長く着用するのであれば、厚い生地のパーカーを作成するのがお勧めになります。薄い生地のオリジナルパーカーは、生地が薄くて破れやすくても着る機会が少なくてオリジナルパーカーを飾りたい人にとってはお勧めとなります。

オリジナルパーカーの作成の注意点について

オリジナルパーカーを作成する際は、イラストには著作権が存在していることを確認することが重要となります。そのため、オリジナルパーカーのデザインの作成で、有名なファッションブランドのロゴをコピーするのはお勧めされません。なぜなら、著作権のあるイラストをコピーする場合は、著作権者の許可が必ず必要となるからです。
よって、オリジナルパーカーの作成において、無断で著作権のあるデザインをプリントしないように心掛けるのが大切です。ちなみに、ネットに出回っている画像を使えば簡単に作れても、著作権は販売してなくても権利侵害となります。他にも、マイナーな作家やデザイナーの作品であったとしても、オリジナルパーカーにプリントすれば思わぬトラブルに発展する可能性もあります。なぜなら、デザインを施したオリジナルパーカーを着ることで、周りに気付かれるとバレるからです。
なので、オリジナルパーカーのデザインとしてキャラクターやロゴを使いたい場合は、著作権者に連絡をして許可を得てから使うのが基本となります。ただし、メーカーによってはホームページに自由に使えるデザイン集が掲載されているので、無難にデザインを施したい人にお勧めとなるデザイン方法になります。オリジナルパーカーの作成の注意点として、ネットに出回っている画像を無断でデザインとして施すと、後々トラブルに発展する可能性があります。

更新情報

  • 日焼け防止通気性抜群夏場はこれを選ぶべし

    パーカー愛好者としては、パーカーについて語らずにはいられません。パーカーは春夏秋冬問わず、沢山のデザインがあります…

    more

ニュース一覧

TOP